情報科学科TOP
ページの本文を印刷

学科主任からのメッセージ

情報科学科教授 永松 礼夫 情報科学科教授 永松 礼夫

いまや「情報」は、計算やデータ作成に留まらず社会基盤として重要になっています。情報科学の成果は様々な分野に普及し、産業構造や 生活は急変しました。

これからの時代に情報分野を先導できる人材に育つためには、既存の情報システムの利用法に習熟するだけでは不十分です。それを支える原理・法則 まで掘り下げた基礎知識を自分ものとして取り込むこと、それらを再構築して新しいシステムや手法を提案・設計できる応用力を養うことが重要です。

本学科では、幅広く情報科学をカバーするよう、離散数学、アーキテクチャ、プログラミング、システム、ネットワーク、データベース等について、基本のスキルと共に理論的な側面を学びます。獲得した知識を自ら活用できるように少人数制の演習科目や実験科目が、さらに先端・応用分野に関して学ぶ科目が設定されています。

基礎知識と応用力を学生時代にしっかりと身につけることで、卒業後に様々な方面で活躍ができ、変化の激しいこの分野でも生涯の発展の助けとなることが期待されます。

 
 
ページの先頭へ